■ぴえん・・・新語2020

■ぴえん・・・新語2020

こんにちは。

 

ぴえん

 

ちょっと悲しいような、でも可愛らしい印象が感じられる言葉ですね。

 

絵文字にすると、こんな感じでしょうか。

(*_*;

 

 

(画像引用:三省堂。他の画像も同様に三省堂サイトから)

 

 

資産運用ならdポイントももらえるTHEO+[テオプラス] docomo!

 

 

「ぴえん」の選考

 

この「びえん」、

応募総数約5千の中から

三省堂が出版する各辞書の編集者が一位に決定した新語です。

 

三省堂は「三省堂国語辞典」「新明解国語辞典」「現代新国語辞典」「大辞林」の四種類の辞書を編集していますので、各辞書から複数名が審査員となったようです。

 

 

 

 

 

ぴえんの意味と使用例

 

意味は、

小さな悲しみや困りごとがあった時の言葉。

うれしい時も用いられることがある言葉。

 

使用例は、

以下の4種類の辞書の仮想記載例をご覧願います。

 

拡大→三省堂サイト

 

 

資産運用ならdポイントももらえるTHEO+[テオプラス] docomo!

 

 

「ぴえん」の選評について

 

以下は、三省堂サイトに載っていました選評です。

(太字はわたしが入れました)

 

今年よく使われ、しかもこの先も使われそうなことばは、コロナ関連語にもそれ以外にもあります。後者の筆頭に挙げたいのが、今回の大賞の「ぴえん」です。SNSでも、友だち同士のメッセージでも、さらには口頭でも、日常的に使われるようになりました。

「ぴえん」は、小さく1回、泣き声を立てる様子を表すオノマトペ(擬音語・擬態語)です。「私の分のケーキ残ってないの、ぴえん」のように、本当に泣いているわけではなく、泣き真似を表す場合によく使います。悲しく訴える表情の絵文字を添えることもあります。

「ぴえん」は、前回2019年にも4通投稿がありましたが、あまり注目されませんでした。今回はそれが70通に増え、投稿数では6位と大躍進する結果になりました。ちなみに、今回の投稿数の1位~5位は、「経年美化」(=年を経て美しさが増すこと。俳優の三浦春馬さんが使ったことで話題に)、「ソーシャルディスタンス」(詳しくは後述)、「コロナ禍」「3密」「コロナ」でした。これらの語と比べると、「ぴえん」は話題の種類に関係なく、いつでもどこでも使えるもので、より日常度が高いことばだと言えます。国語辞典にとって、こうした日常的なことばはぜひ項目に立てたいものです。

コロナ禍などの社会的なきっかけもないのに、なぜ「ぴえん」ということばが広まったのか。それは、「ぴえん」に相当することばが、これまでずっと待望されていたからです。

従来、泣く様子を表現するには、「わーん」「うえーん」「びえーん」など「大泣き」系か、「しくしく」「めそめそ」「くすんくすん」など「すすり泣き」系か、どちらかのオノマトペを使うしかありませんでした。「大泣きするほどでなく、少しだけ声を出す泣き方」を表す一般的なオノマトペはありませんでした。言わば、泣き声の体系の中で、「少しだけ声を出して泣く表現」が穴になっていました。

 でも、控えめに声を出して泣く表現を使いたいことは、日常的によくあります。そこに颯爽と登場したのが「ぴえん」でした。「びえーん」とは違って、濁音「び」の代わりに半濁音「ぴ」を使い、長音化もせずに、控えめな泣き声を表現しています。「ぴえん」は、今まで体系の穴になっていた部分を埋めることばとして、多くの人々の支持を得ました。今回の大賞としてふさわしいことばだと、選考委員の意見が一致しました。

もっとも、「ぴえん」はすでに「JC・JK流行語大賞2019」(AMF発表)に選ばれ、2020年上半期にも「ぴえんこえてぱおん」がランクインしています(「ぱおん」は大泣きの表現)。「今年の新語」に選ぶのは遅いと思われるかもしれません。でも、「今年の新語」は辞書に載る候補を選ぶものです。2010年代末に流行語として現れた「ぴえん」が、日常的に使われ、今や辞書の項目の候補になったというのが、選考委員の判断です。

 

 

 

便利な新語

 

前章の太字部分のように、「今までは適切な言葉がなかった心情や行動部分」を表現する言葉として「ぴえん」が産まれました。

人間の言動は多岐にわたり複雑です。

また、社会の変革が原因で新たに生まれる感情や制度があります。

これらの新たな領域を表現する言葉が新語です。

 

ぴえん、ぴったりの局面で便利に使いたいものです。

 

 

朝礼スピーチに新語を使う際の注意

 

新語は便利な言葉ですが、「初めて聞いた」「何の意味か分からない」という不満も多いです。

皆さんが新語を知っているものとして朝礼で新語を使用すると、「わかりにくい」「生意気だ」というマイナスの評価を受けることが多々あります。

スピーチで新語を使うならば、まずは新語の意味や使用例を説明することがs大切だと考えます

 

今までの新語