■野球を絵画で観る 朝礼スピーチのネタ「人によって、何ごとも違って見える」

■野球を絵画で観る 朝礼スピーチのネタ「人によって、何ごとも違って見える」

こんにちは。

 

夏の高校野球甲子園大会の予選が各地で行われています。

予選の段階から生で観戦なさると、甲子園大会がより身近に感じられますよ。

 

(画像引用:日本高等学校野球連盟)



 

 

今日のブログ概要

 

人は、一人ひとり異なった「見方」を持っています。

自分の凝り固まった「見方」に縛られず、他人の「見方」を一日だけでも取り入れると、

見える世界が新鮮になり、心と思考が柔らかくなります。

 

今日は、野球を題材に記します。

(昆虫と猫さんも登場しますよ)

 

野球-写真と絵画を比較

 

野球、お好きですか?

 

私が子どものころは、毎日テレビ中継がありました。

中継が終わったら即座にラジオに切り替えて、試合を想像していました。

今はテレビ中継が減ってきましたが、相変わらず野球人気は衰えませんね。

 

さて、野球を対象に撮られた「写真」と描かれた「絵画」とを比べてみましょう。

左側が写真で、右側が絵画です。

 

【野球場】

 

 

【投手】

 

 

【打撃】

 

 

【走塁】

 

 

【バックホーム】

 

 

【仲間】

 

(写真の画像引用:すべてPixabay)

 

いかがでしょうか?

 

同じ野球でも、写真と絵画とでは全く印象が異なって見えることと思います。

 



 

朝礼スピーチは、人と自分との見方の差異に注目しましょう

 

同じ物を見ながら、人間と昆虫とでは異なった物のように見えています。

左が人間の見方(目がとらえた見え方)、右が昆虫の見方です。

 

(画像引用:Mail Online)

 

 

次は、上が人間、下が猫さんの見方です。

(画像引用:カラパイア)

 

思ったよりも差が少ないような・・・・・・?

 

ここで大切なことは、人間の見方と人間以外の見方を比べるとき、

「どちらかの見方が正しいということはない」

ということです。

 

それぞれが、それぞれの生活に即した見え方をしているだけです。

逆に言えば、見え方に即した生活をそれぞれが営んでいるとも考えられます。

 

きっと、宇宙人は、人間とは異なった見方をして生きていることでしょう。

 

 

動物や宇宙人と同様に、他人(あなたとは異なる人)と自分(あなた)の見え方は異なります。

この差異が社会に多様性を生みます。

それが、この世の中で生きる愉しみでもあります。

 

同じ事柄に接したときに、自分の見方と人の見方を比べてみてください。

そして、その違いを朝礼スピーチで皆さんにお伝えください。