■東京ドーム〇個分の例え 朝礼スピーチのネタ「比較するときは原点を明確に」

■東京ドーム〇個分の例え 朝礼スピーチのネタ「比較するときは原点を明確に」

こんにちは。

今日は朝から気温が上がり、夏そのものに感じます。

 

今回は、広さをイメージする際に利用される「東京ドーム」の広さを基に書きます。

 

 

今日のブログ概要

 

「東京ドーム〇〇分の広さです」。

しばしば聞くフレーズです。

実は、「東京ドーム〇〇個分」と言われても、おおもとの東京ドームの広さがイメージできず。私自身が困っています。

比較の原点であるにもかかわらず、その広さがイメージできないって変な話ですね。

 

 

日本以外の国でも、きっとその国の多くが知っている建造物の広さを例に示しているのでしょうね。

想像ですが、アメリカならばアメリカンフットボールのフィールドやマンハッタンにあるセントラルパークを比較の基準とし、中国ならば「その広さは天安門広場〇〇個分です」と表現するのではないでしょうか?

 

 

 

 

そもそも東京ドームの広さとは?

 

 

東京ドーム公式ページの表を引用します。

 

面積 建築面積 / 46,755m²
(普段、東京ドームの面積と言われているものです。)
容積 約124万m³
階数 地下2階・地上6階
高さ 最高部の高さ / 地上 56.190m
グラウンド面からの高さ / 61.690m
グラウンド面 / 地下 5.500m
収容人数 55,000人(野球時 約46,000人)
グラウンド 面積 / 13,000m²
両翼 / 100m
外野センターまで / 122m
フェンスの高さ / 4m

 

この表によりますと、

「東京ドーム〇〇個分」の1個分とは、建設面積(46,755㎡)です。

(プレーするグラウンド自体は、13,000㎡です)

 

・建築面積が46,755㎡ということは、

東京ドームが正方形としますと、一辺が216mとなります。
(216m×216m=46,656㎡=大体46.755㎡)

 

・一辺の216mとは、徒歩で約3分弱です。
(不動産広告での「徒歩1分」は、80m計算ですから)

 

距離を時間に変換すると、日常感覚に近くなる気がします。

 

 



 

東京ドームの広さを他のものと比較する

 

 

・1m四方の正方形 1㎡

・6畳 約10㎡

・ワンルームマンションの平均 18㎡

・平均的なコンビニ 100㎡ (正方形ならば、一辺が10メートル)

・都市部の一軒家の敷地例 100㎡

・バレーボールコート 162㎡

・競泳用プール 1,250㎡

・サッカーフィールド 7,140㎡

・東京ドームのグラウンド 13.000㎡(正方形ならば、一辺が114メートル)

・東京ドーム建設面積 46,755㎡(正方形ならば、一辺が216メートル)

・東京ディズニーランド 465,000㎡(正方形ならば、682メートル。東京ドーム10個分)

・皇居 1,150,000㎡(正方形ならば、一辺が1キロメートル。東京ドーム25個分)

・ニューヨークのセントラルパーク公園 3,200,000㎡(正方形ならば、一辺が1.78キロメートル)

・日本で一番小さな村の舟橋村 3,470,000㎡(東京ドーム74個分)

・普天間飛行場 4,800,000㎡(正方形ならば、一辺が2,19キロメートル。東京ドーム103個分)

・関西国際空港 10,680,000㎡(正方形ならば、一辺が3.27キロメートル。東京ドーム228個分)

・東京のJR山手線の内側 63,000,000㎡(正方形ならば、一辺が7.94キロメートル。東京ドーム1347個分」)

・パリ 150,000,000㎡(正方形ならば、一辺が10キロメートル。東京ドーム3208個分)

 

 

 

朝礼スピーチで、広さ・大きさ・時間を比較するときに大切なこと

 

 

今回は、東京ドームと他との比較を題材にしました。

 

比較をするときに大切なことは、比較する原点(東京ドーム)をよく理解できていることです。

 

「広さが〇〇㎡」をイメージ展開して、

もしも正方形ならば、

一辺が何メートルなのか?

歩くならば、何分かかるのか?

周囲をぐるっと回るならば何分かかるのか?

を調べておきましょう。

 

原点(東京ドーム)のイメージが明確になるまで調べ、なおかつ幾つかの視点でイメージできるようにしておきますと、スピーチの際に心強いですね。