69.地名が季語になったらいいな。物でも人でも季語にしてみよう。

69.地名が季語になったらいいな。物でも人でも季語にしてみよう。

こんにちは。

 

暑いです。

夜も暑いです。

エアコンは、身体の為に「冷房」ではなく「除湿」にしています。

 

前に神戸に出張した時、「神戸の夏はいいよ」と言われている理由が分かりました。

日向は暑いのですが、日陰はカラッとして「いつも除湿状態」なのです。

夏は神戸か北海道で在宅ワークしたいものです。

 

 

 


 

さて、今回は俳句について記します。

 

夏の季語を並べますね。

 

夏の季語って好きですよ。

 

俳句季語一覧ナビ」(便利で素敵なサイト)をコピーします。

夏、特に7月らしい季語たちです。

(植物と動物は多いので、省略しました)

 

なお、「晩夏」とありますが、旧暦の夏は5月・6月・7月ですから、7月は晩夏ということになります。

7月は、サザンオールスターズの初夏の気分ですが、、、、。

 

 

晩夏の天文

白南風 / 温風 / 涼風 /  / 土用凪 / 朝曇 / 送り梅雨 / 土用東風 / 炎天 / 日盛 / 風死す / 雲海 / 御来迎 / 喜雨 / 油照 / 夕焼 / 片蔭 / 旱星 / 熱風 / 土用あい / 朝焼 / 夕凪 / 西日 / 朝凪 /

晩夏の地理

お花畠 / 雪渓 / 熱砂 / 田水沸く / 日焼田 / 土用波 / 青田 / 赤富士 /

晩夏の生活

早苗饗 / 草取 / 網襦袢 / 海水浴 / 納涼 / 水争 / 枇杷葉湯 / 夏期手当 / 歩荷 / 土用餅 / 醤油作る / 海水着 / 亜麻引く / 百物語 / 虫干 / 涼み浄瑠璃 / 虫篝 / 鳥黐搗 / 河原の納涼 / 藺刈る / 水球 / 瓜番 / 奈良漬製す / キャンプ / 砂日傘 / 滝浴び / ケルン / 夜能 / 香薷散 / 干飯 / 虫送り / コレラ / 水飯 / 夏期講習会 / 白服 / 袴能 / 西瓜割り / 酢作る / 端居 / 誘蛾灯 / 日射病 / 真菰刈る / 麻刈る / 菅刈る / 花氷 / 水狂言 / 夏休 / 干瓢剥く / 赤痢 / 土用蜆 / 麻地酒 / 土用鰻 / 夏枯 / 牛馬冷す / 夜濯 / 藍刈る / 霍乱 / 日向水 / 行水 / 納豆造る / 梅酒 / 海蘿干 / 醤作る / 野外演奏 / 除草機 / ナイター / すててこ / 夕河岸 / 雨乞 / 薄荷刈る / 桃葉湯 / 林間学校 / 着茣蓙 / 肌脱ぎ / 暑中見舞 /  / 花火 / サマードレス / 登山 / 白絣 / 帰省 / 雨休み / 冷し瓜 / 水番 / 田草取 /  / 蓮見 / 暑気中り / 外寝 / 帷子 / ダイビング / 避暑 / 冷房 / プール / 甚平 / 囲い船 / 莔麻刈る / 線香花火 / かちわり / 藻刈 / 暑気払 /

晩夏の行事

露伴忌 / 川止め / 氷室 / 博多の祗園祭 / 住吉の御祓 / 祗園会 / 弥彦燈籠祭 / 杉風忌 / 不死男忌 / 座頭の納涼 / 鬼来迎 / 栄西忌 / 大山祭 / 四万六千日 / 志度寺祭 / 秋成忌 / 恐山大祭 / すもも祭 / 氷餅を祝う / 氷を供ず / 吉野の蛙飛 / 原爆の日 / 賜氷の節 / 唐崎参 / 茅舎忌 / 愛宕の千日詣 / 鷗外忌 / 季吟忌 / 施米 / 光琳忌 / 節折 / 河童忌 / 水防組出初式 / 嘉定喰 / 艸心忌 / 夏芝居 / 土用灸 / 雷鳴陣 / 解斎の御粥 / 谷崎忌 / 源信忌 / 粉河祭 / 七月場所 / キュリー夫人祭 / 夏越 / 富士詣 / 塩釜祭 / 忌火の御飯 / パリ祭 / 鬼燈市 / 海開き / 津島祭 / 神今食 / 大祓 / 御神乗太鼓 / 桑名祭 / 那智火祭 / 厳島祭 / 御手洗詣 / 海の記念日 / 閻魔参 / 日本福者祭 / 座摩祭 / 出羽三山祭 / 橋立祭 / 夕爾忌 / 水合の祓 / 独立祭 / 佃祭 / 左千夫忌 / 天満祭 / 川開き / 山開き / 阿蘇祭 / 掛鯛下す / 津和野の鷺舞 / 野馬追 / 下賀茂の御祓 / 青祈祷 /

 

「 すててこ 」って、季語だったのですね。

私は身に着けたことがありません・・・・涼しそうなので試してみたいです。

 

(画像引用:Amazon)

 

 

地名だって季語にしてほしい

 

「お尻だって、洗ってほしい」というCM、ご存知でしょうか?

1982年(昭和57年)、ウオシュレットのコピーです。

YouTube動画「戸川純 CM 1982年 TOTO ウォシュレット おしりだって洗ってほしい」

 

ということで、

私は思います。

「地名だって季語にしてほしい」。

 

東京を例にとれば、

 

「銀座」

これは秋の季語。

誰かさんと、柳の下を銀ブラしたいです。

→YouTube『二人の銀座』 和泉雅子 山内賢

 

 

「赤坂」

冬の季語。

肩をすぼめながらネオンを求めてさまよいます。

→YouTube「コモエスタ赤坂 ロス・インディオス 昭和ムード歌謡」

 

(画像引用:JUGEM)

 

 

「原宿」

夏。

夏のファッションが原宿に似合いませんか?

でも、そばの「青山」は秋か冬です。

→YouTube「Takenoko Rock’n Roller!原宿竹の子族 VS ロックンローラー!」

 

(画像引用:猫の時間 しなじく)

 

 

「お茶の水」

春です。

新入生が街にあふれています。

神田川は桜吹雪です。

YouTube→「ガロ 「学生街の喫茶店」」

 

(画像引用:→懐かしい写真が一杯 「青春の想い出、お茶ノ水学生街」

 

 

でも、地名が季語になることは無理だとは存じております。

地名と地域は、人によって想い出が異なっていますから。

 

 

朝礼で、自分だけの季語を語ってみませんか?

 

地名でなくとも、物や風景や気持ちや絵文字などなど。

季語でない物(者?)を自分勝手に「季語としたい」と語ってみませんか?

 

「『スマートフォン』の季語は春。なぜならば、私には・・・・・という体験があるから」

「『失恋』の季語は秋。なぜならば、・・・・・」

「『火星』の季語は冬。なぜならば、・・・・・」

「『ユーミン』の季語は夏。なぜならば、・・・・・」

 

ごめんなさい。

『火星』は今は季語としては定着していないのですが、

夏の季語になる可能性があるそうな。