59.「化」を付ける面白さ「朝礼スピーチのネタ」

59.「化」を付ける面白さ「朝礼スピーチのネタ」

こんにちは。

 

今回は、サイトやブログ作成時に意識する「SEO」という専門語を基に、朝礼スピーチに応用できる方法を記します。

(専門的な内容ではありませんのでご安心を)

 

 

 

 

ブログ作成時の言葉、SEO(検索エンジンの最適化)について

 

ブログを書いておりますと、

「SEO」

という概念を意識せざるを得ません。

 

「SEO」は、Search Engine Optimizationの頭文字です。

日本語に訳せば、「検索エンジンの最適化」になり、ブログ作成者にとっては一般的な訳です。

 

 

「検索エンジンの最適化」の意味は、

Googleなどの検索エンジンで、ある言葉を入力したたきに自分のサイトが上位に表示されるように工夫することです。

つまり、自分のサイトにたくさんの人がやってくるようにするために、自分のサイトを作るときにアレコレと工夫をする方法や技術のことです。

 

資産運用ならdポイントももらえるTHEO+[テオプラス] docomo!

 

 

「最適化(optimization)」は専門用語

 

辞書に寄りますと、「最適化(optimization)」の意味は、

システム工学などで、特定の目的に最適の計画・システムを設計すること。コンピューターでは、プログラムを特定の目的に最も効率的なように書き換えること。オプティマイズ。オプティマイゼーション。(goo辞書)

 

「最適化(optimization)」はシステム工学という領域の専門用語だったのですね。

どうりで日常この言葉を聞かないのももっともです。

 

 

外来語の日本語訳に「化」をつける便利さ

 

外来語を日本語に翻訳する際に、言葉のお尻に「化」をつける方法は日本語らしいと思います。

日本語の柔軟性を表しています。

 

さて、外来語のみならず、今まで日常語として使用してきた言葉に「化」を付ける使用法も増えてきたように思います。

「草食化」「オヤジ化」などという使い方を聞きますね。

 

なお、

「最適」の意味は、
[名・形動]いちばん適していること。また、そのさま。「会計には彼が最適だ」「スキーに最適な雪質」(goo辞書)

 

「化」の意味は、

[名]影響を他に及ぼすこと「恵を施し、道を正しくせば、その―遠く流れん事を知らざるなり」〈徒然・一七一〉
[接尾]主として漢語に付いて、そのような物や事、状態に変える、または変わるという意を表す。「映画化」「合理化」「近代化」

 

 

 

 

専門用語の「化」を日常用語に使ってみると

 

「最適化」はシステム工学やブログ作成における専門用語ですが、一般の文章の中に「最適化」を見つけました。

 

以下の文章です。

 

外で車いすを押していると、ちょっとした段差や斜面がけっこう怖いんです。

お店や駅には車いすでも利用できるようなエレベーターやトイレがない場合もあって、街全体が健常者を前提に作られていることに、遅ればせながら気がつきました。

ちょっと融通を利かせてくれたらなんとかなるんだけどな~、と思うことでも、マニュアル外の対応はお店に嫌がられることもあった。

社会は放っておくとどうしても、需要が多いマジョリティー(たとえば健常者)向けに最適化されていきます。マニュアルは生産性や効率を上げる目的があるものだから、どうしてもマジョリティー向けに作られるのはわかる。

 

東京で突然「所持金0円」になった私 体験して分かった住みづらさの正体とは
【連載】大原扁理のトーキョー知恵の和(11) 大原扁理氏

 

この文章を拝読しますと、「最適化」は日常用語に使えそうだなと感じます。

これは、SEOという専門用語の翻訳に使用してきた「化」を、日常用語にも流用したケースですね。

 

この使用法が私には新鮮に感じました。

 

 

朝礼スピーチへの応用

 

皆さんの職場で普通に使用なさっている言葉であっても、他の業界の方には初耳の言葉があるかと思います。

いわゆる業界語です。

また、外国語の専門用語も一般的にお使いのことでしょう。

 

これらの言葉をまずは日本語に置き換えてみて、次に末尾に「化」を付けてみてください。

そして最後は、日常語の中に取り入れるとしたらどんな文章になるかを考えてください。

きっと、いままで何気なく過ごしてきた職場、および日常生活が新鮮に感じることでしょう。

 

外来語は使っていないよ、という方は、通常の日常用語に「化」を付けることで新鮮に感じる言葉を探してみてください。

「草食化」「オヤジ化」のような言葉です。

 

この発見を朝礼で語ってみてください。